光レーザー脱毛は波長の違いにより脱毛効果が変わる

男性向けの脱毛サロンで使われている光脱毛器は、女性用と違いがあるのか気になる人もいるでしょう。

実際に脱毛サロンでは、複数台の光脱毛器を設置している所が少なくありません。

実際に、医療用レーザー脱毛では、複数台のレーザー脱毛器が用意されていて肌質やムダ毛の濃さにより使い分けています。

3種類の波長を使った機器が用意されていれば丁寧な脱毛を期待できる

光脱毛器や医療用レーザー脱毛器で使われているレーザー光は、波長が短いほど脱毛効果が高いものの痛みが強くなります。

波長755nmのアレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に対して優れた反応を示すものの痛みが強く出る傾向にあるので、痛みに弱い男性にとっては光脱毛器であっても耐えられないことが少なくありません。

波長800nmまたは810nmのダイオードレーザーは、日本人の肌質に合ったタイプとされていて、産毛に対しても脱毛効果が高いです。

波長1064nmのヤグレーザーは、メラニン色素への反応は低いものの深部にまで届きやすいので、髭やVIO部分の脱毛に威力を発揮します。

どの波長の光レーザー光を使用するのか決める際には、医師の診察を受けた上で行うと安心です。

医療用レーザー脱毛では機種により使用部位を変えることが多い

医療用レーザー脱毛では、毛母細胞の深さに応じて使用部位ごとに照射するレーザー光の種類を変えています。

1つの機種で全ての施術を行うことも可能ですが、局所麻酔をかけない状態で行う医療用レーザー脱毛は、それなりに痛みを伴うので本人が我慢できるかが鍵です。

少しでも痛みに対して弱いという自覚があるならば、最初から医師に局所麻酔をかけてもらうと良いでしょう。

まとめ

脱毛サロンだけでなく医療用レーザー脱毛であっても、用途に合わせて最大3種類のレーザー光を使って施術を行えます。

機種により使用するレーザー光に違いがあるので、多くの場合で使用する脱毛器は2種類が限度です。

いかにして苦手な施術部位をなくすのかが課題となります。